グレイトジャーニー 牡・13歳の誕生日をフランス・ノルマンディーで迎えた馬。

サンデーサイレンスの産駒の中には、海外で種牡馬として繋養生活を送っている産駒もいますが、2001年に生まれた、グレイトジャーニー(GREAT JOURNEY=偉大なる旅・英・母・アンブロジン・牡)も、今年・牡13歳の誕生日をあげた馬の1頭です。

2001年5月10日に、アンブロジンの2001として、北海道・新冠郡・新冠町のノースヒルズマネジメント(現・ノースヒルズ)で生まれた、同場・生産所有馬のグレイトジャーニーは、現役当時・栗東・池江泰郎厩舎(すでに2月28日で同調教師の定年退職に伴い、解散した。)に預託され、42戦5勝の成績を残しており、ダービー卿チャレンジトロフィーなど重賞競走も制覇した、腕前の持ち主でしたが、2008年になり、フランス・ノルマンディー地方の、Haras De Lonnray(ロンレイファーム)から、種牡馬として繋養生活を送ってほしいという、スタッドインのオファーがノースヒルズにあり、同社がそれに応じる形となりました。

グレイトジャーニーは、2008年1月16日付で競走馬登録を抹消、その後・北海道・沙流郡・日高町・門別にある、JBBA・門別種馬場で、出国検疫検査を受けた後、同年の2月16日・飛行機で名残惜しい日本を後に渡仏しました。

2008年2月20日(日本時間・2月21日)、グレイトジャーニーは、飛行機と馬運車を使用して、長い旅路の末、繋養先のHaras De Lonnray(ロンレイファーム)に到着、着地検査を受けた後、同年の3月1日(日本時間・3月2日)から、同場で種牡馬として繋養生活を開始し、現在に至っております。

フランス・ノルマンディー地方にある、Haras De Lonnray(ロンレイファーム)。

グレイトジャーニーは、ここで繋養生活を送っております。

ロンレイファームには、グレイトジャーニーの他、2011年からは、ファイングレイン(FINE GRAIN=超微粒子・英)も繋養生活を送るようになり、現在・2頭の日本産種牡馬が繋養生活を送っております。

グレイトジャーニーの母・アンブロジンは米国産の馬で、不出走のまま日本に繁殖馬として輸入され、アンドレルノートルなどの産駒を輩出した牝馬です。

放牧場にグレイトジャーニーが来ると、手綱を放しては、走り出しました。

GREAT JOURNEY「ヒュヒュヒュ~ン!」

GREAT JOURNEY「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

GREAT JOURNEY「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

GREAT JOURNEY「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

GREAT JOURNEY「パカッ。」

GREAT JOURNEY「ブルルルルル。」

GREAT JOURNEY「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン!」

グレイトジャーニーは、大きい雄たけびを、ノルマンディーの空に鳴らしておりました。

2014年・5月10日(日本時間・5月11日)・グレイトジャーニーの13回目のバースデーが行われ、スタッフから、お誕生日おめでとう、グレイトジャーニーと声をかけると、グレイトジャーニーは、大きい声で「ヒュヒュヒュ~ン!」といなないては、よろこんでいました。

これまでに、マックスダイナマイトなどの産駒を輩出してきた、グレイトジャーニー、2014年~2015年の種牡馬シーズンも、現役種牡馬として繋養生活を送っている、グレイトジャーニーの更なる大物産駒の登場を期待したいと想い、願っております。

13歳の誕生日、おめでとう、グレイトジャーニー、現役種牡馬として更なる大物産駒を輩出して行ってね。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Rosa Grance

Author:Rosa Grance
MISTRIAS BOUQUETへようこそ!

鉄道模型の話題を中心に、競走馬の話題なども紹介します。

今後とも、よろしくお願いします。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブロとも一覧
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line