スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

阪急電鉄・9300系 8両編成セット(10-1280・特別企画品 KATO)

KATO 阪急電鉄 9300系 8両編成セット(10-1280・特別企画品)

8月28日に、ホビーセンターカトー・大阪店に行き、ぼくが、気にしている車両として待ち望んでおりました、Nゲージの、阪急電鉄 9300系・通勤電車 8両編成セット(10-1280・特別企画品 KATO) 1セットを、購入・納車し、ぼくの所有する、KATOのNゲージでは、初の阪急電鉄の車両の、模型製品を導入・ゲットするに至りました。

【実車】

2003年に、阪急電鉄が、今までの、6300系・通勤電車の後継車両として、京都線の特急でデビューさせた、日立製作所(アルナ車両)製の新形電車で、現在も、同社・京都線のフラッグシップ的な車両として、8両10編成が活躍しており、それ以前の、2300系・非表示幕車などの古い車両と、とって代わりました。

【模型】

阪急電鉄・9300系は、既に、Micro Ace(マイクロエース)・松本商事(Micro Ace マイクロエースに製造を委託。)・富士模型(GREEN MAX グリーンマックスに製造を委託。)などからも、Nゲージの完成品車両及び、コンバージョンキットとして発売されておりますが、今回・ぼくが選んだ、KATO(カトー・関水金属)が、模型化したのは、9305F・8両編成(10-1280・特別企画品)といって、2008年に登場させた、4次車と呼ばれる車両グループです。

KATOが、阪急電鉄の車両をNゲージの完成品としてリリースしたのは、6300系・通勤電車に次いで、2例目であり、当然・同社の技術により、素晴らしく、Nゲージの完成品車両としてモデル化しました。

6月にボークス・ホビースクエア 京都で開催された、「レールEXPO 京都 2015」を始め、8月12日~17日まで、阪急百貨店・うめだ本店 9階の、阪急うめだギャラリーで開催された、「鉄道模型フェスティバル 2015」でも、KATOブースに、阪急電鉄・9300系の試作品を参考出品し、来場者の注目を集めたもので、そして、8月28日・遂に、参考出品で注目を集めた、阪急電鉄・9300系 8両編成セット(10-1280・特別企画品)を、予約注文先の、ホビーセンターカトー・大阪店で、購入・納車しました。

ぼくのレールでは、当然・夜間運転もするので、KATOの純正品であります、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 2個 11-212・6両分 1セット)を、全車・標準装備で取り付けた、豪華版のニューモデルに仕立てております。

その為・価格が、29202円と痛い出費になりましたが、定価販売で購入・納車しました。

もちろん、新品で、初期ロット製品であり、新製配置にて導入・ゲットしてあります。

フライホイール動力ユニットなどを、採用していることもあり、走らせて見ると、素晴らしい走りを見せていて、眺めているだけではなく、走らせることもできるNゲージに仕上げられております。

KATOのNゲージ 阪急電鉄・9300系 通勤電車は、当初、通常品の、4両基本セット(10-1278)・4両増結セット(10-1278)・8両編成セット(10-1280・特別企画品)の、3セットが発売されることになっておりましたが、諸般の事情により、通常品の、4両基本セット(10-1278)・4両増結セット(10-1279)については、9月8日に延期されましたが、今回・ホビーセンターカトー・大阪店で、購入・納車しました、8両編成セット(10-1280・特別企画品)は、予定通りに発売されたので、一安心しました。

残る、4両基本セット(10-1278)と、4両増結セット(10-1279)の、通常品は、9月8日に新発売されました。

今後共、KATOのNゲージ 阪急電鉄・9300系 通勤電車を、大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

Rosa Grance

Author:Rosa Grance
MISTRIAS BOUQUETへようこそ!

鉄道模型の話題を中心に、競走馬の話題なども紹介します。

今後とも、よろしくお願いします。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブロとも一覧
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。