スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

HAT TRICK=ハットトリック  IN GAINES WAY FARM 2014(4)

ハットトリックとは、イギリス語のサッカー用語で、1選手が1試合で3得点以上をあげることの意味、母・トリッキーコードの仔でもあり、母・トリッキーコードの名前から連想して命名された、青鹿毛のサラブレッドです。


2011年にGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に来た、ハットトリックは、2014年~2015年の種牡馬シーズンをスタートさせており、元気に活躍しております。

この間に、種牡馬としてスタッドインし、活躍を開始した、ダビルシムや、ハウグレート・キングデービッド・マタハリ・トウキョウキャット・ゼンジ・ヒノキなどの産駒を輩出しております。

4月26日(日本時間・4月27日)、ハットトリックの13回目の誕生日を祝う会が、ゲインズウェイファームで行われ、スタッフらが、牡・13歳になった、ハットトリックの誕生日を祝いました。

2007年6月に、種牡馬として、アメリカに輸入され、2008年から、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点に、シャトル種牡馬としてスタッドインし、2011年11月中旬からは、現在の繋養先でもあるGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)で、繋養生活を送っている、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔・ハットトリック、2015年~2016年の種牡馬シーズンでも、さらなる活躍を期待したいと想い、願っている、青鹿毛のサラブレッド、トリッキーコードの2001が血統名のサラブレッド、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルルルルルルル、フーーーーー!」
(終)
スポンサーサイト
line

HAT TRICK=ハットトリック  IN GAINES WAY FARM 2014(3)

2011年11月19日・ハットトリックは、ゲインズウェイファームで行われた、種牡馬お披露目会に参加し、ゲインズウェイファーム初登場のハットトリックは、ブリーダーたちの関心を集めました。


2012年・牡・11歳になった、ハットトリックはこの年から、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)での、新繋養生活を開始しました。

2014年・4月 GAINESWAY FARMゲインズウェイファーム)、同場の種牡馬厩舎にいる、ハットトリックは顔付きのいい馬になっていました。

HAT TRICK「ブルルルルルルルルル。」

放牧場に、放たれたハットトリックは、大きい蹄で鳴らしました。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

ハットトリックは大きい雄たけびで、いななきました。

ハットトリックが、牧草をはんでいると、おならのにおいしていました。

HAT TRICK「プーーーーー!」

HAT TRICK「ヒュヒュ~ン!」

ハットトリックは、大きいフレーメンをしていななきました。

HAT TRICK「ウーーーーーーーーーー!」

HAT TRICK「ボト,ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きい緑色のうんこを出してやりました。

ハットトリックは、尻尾をふらして、歩めていました。

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

ハットトリックは、大きい脚をあげて、尿を出しました。

HAT TRICK「バッシャーーーーーーー!」

ハットトリックは、大きいおしっこを、出してやりました。

HAT TRICK「ブルルルルルルルルル、ブルルルルルルル。」

ハットトリックは、大きい鼻息を鳴らし、ケンタッキーの空にひびいていました。

ゲインズウェイファームの種牡馬厩舎に戻った、ハットトリックは、干し草をはんだり、餌を与えては、元気よくしていました。

HAT TRICK「ムフ、ムフ、ムフ。」

HAT TRICK「ブルルルルルルル。」

HAT TRICK「フーーーーーーー!」

ハットトリックは、大きい息を吹きかけてやりました。s

サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の馬、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ブルルルルルルルルルルルルルルル。」
(その4へ。)
line

HAT TRICK=ハットトリック  IN GAINES WAY FARM 2014(2)

サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛のマイラーチャピオンホース・ハットトリックは、2007年6月に、アメリカに種牡馬として輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点として、シャトル種牡馬としてスタッドインし、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ・アルゼンチン・エルマリン牧場でも繋養生活を送り、4年間繋養されました。

2011年・牡・10歳の時、同じアメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のGAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム)から、ハットトリックを、2012年~2013年の種牡馬シーズンからの繋養馬として送ってほしいという、オファーがあり、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)とハットトリック・パートナーズもそれに応じ、11月上旬・ハットトリックをGAINESWAYFARM(ゲインズウェイファーム)に売却しました。

WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点に、4年間繋養馬として送ってきた、ハットトリックは、11月中旬・現在の繋養先でもある、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に移動し、2008年からスタッドインして以来、長く繋養された、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を、後にしました。
(その3へ。)
line

HAT TRICK=ハットトリック  IN GAINES WAY FARM 2014

イギリス語のサッカー用語で、1選手が1試合で3得点以上を上げることの意味で、2008年から、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクで種牡馬として送っており、2012年から、同じアメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、GAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム)でも繋養生活を送っている、青鹿毛のマイラーチャピオンホース・ハットトリック、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔として、2001年4月26日に生まれた、日本産の馬です。

ハットトリックは、北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)の追分ファーム生産の青鹿毛馬で、現役時代・キャロットファームの所有馬として、美浦・清水美波(しみず よしなみ) 栗東・角居勝彦(すみい かつひこ) 両厩舎に所属、21戦8勝の成績を残し、2005年の最優秀短距離馬にも選定されるなどの活躍を見せた、市場取引馬でもあり、現役の競走馬でした。

その後・ハットトリックは、南アフリカとアメリカを半年ごとに行き来する、シャトル種牡馬として送れる様、種牡馬としてスタッドインしてほしいという、要請のオファーに応じ、関係者の協議の結果、現役引退を決め、2007年5月8日に発表されました。

サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔で、2007年5月10日付で、競走馬登録を抹消された、ハットトリック、抹消後は、宮城県・亘理郡・山元町にある、山元トレーニングセンター(すでに閉鎖済。)にて、出国検疫検査を受けた後、5月27日・飛行機で、名残惜しい、日本を後にしました。
(その2へ。)
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Rosa Grance

Author:Rosa Grance
MISTRIAS BOUQUETへようこそ!

鉄道模型の話題を中心に、競走馬の話題なども紹介します。

今後とも、よろしくお願いします。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブロとも一覧
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。