スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ハットトリック 牡・13際の誕生日を迎える。

2001年に、北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)の追分ファーム・生産の日本産馬で、サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔であり、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭でもある、ハットトリック(HAT TRICK=1試合で1選手が3得点以上を挙げる事の意味・英 サッカー用語)が、今日(日本時間・明日)で、牡・13歳の誕生日を迎えます。

ハットトリックは、現役当時・キャロットファームの所有馬として、美浦・清水美波 栗東・角居勝彦 両厩舎に所属し、21戦8勝の成績を残しました。

この間・第22回・マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフィック香港マイルなど、G1レースにも優勝するなど活躍し、2005年の最優秀短距離馬にも選出されましたが、2007年5月8日には現役を引退、同年5月10日には登録を抹消されました。

ハットトリックは、山元トレーニングセンターにて検疫検査を受け、2007年5月27日には、飛行機で名残惜しい日本を後にしました。

ハットトリックは、現在の繋養先・アメリカには2007年に種牡馬として輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクのウォルマックファームを拠点として、2008年から繋養生活を開始し、オーストラリア・アルゼンチンにもシャトル種牡馬として繋養されてきました。

この産駒からは、昨年から種牡馬入りした、ダビルシムを始め、ハウグレートなどの産駒を輩出しました。

2011年11月上旬には、現在の繋養牧場で、同じケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のゲインズウェイファームに売却され、11月中旬には、2008年のスタッドイン以来、4年間繋養生活を送った、ウォルマックファームを後にしました。

現在・ハットトリックが繋養生活を送っている、ゲインズウェイファームには2012年から、同馬が新生活を開始しており、多くの産駒を輩出しております。

毛色が青鹿毛の馬で、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭・ハットトリックも、2014年~2015年の種牡馬シーズンを開始しており、今後も種牡馬としての更なる活躍を期待したいと想い、願っております。

ハットトリック、牡・13歳の誕生日おめでとう、種牡馬として更なる産駒を輩出して行ってね。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Rosa Grance

Author:Rosa Grance
MISTRIAS BOUQUETへようこそ!

鉄道模型の話題を中心に、競走馬の話題なども紹介します。

今後とも、よろしくお願いします。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブロとも一覧
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。