スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ロサード(薔薇色の=西) 18歳になった現在も活躍する種牡馬(2)

ロサードは、たくましい男の子の馬です。

2006年まで繋養された、社台スタリオンステーション・荻伏は、すでに亡くなった、サッカーボーイ(父・ディクタス・母・ダイナサッシュ)などが繋養されていた牧場で、ロサードはここで繋養生活を送り始めました。

種牡馬厩舎にいた、ロサードは放牧に出すため、放牧場に出していました。


ロサード「ヒヒ~ン!」

ロサードはいななきと共に、走り出しました。

ロサード「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、」

ロサードは大きい脚で、大地を走っていました。

ロサード「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ロサード「パカッ。」

ロサードは、競走馬時代、小倉記念に2回制覇したり、第48回・産経賞オールカマーでもレコードタイムで優勝するなど活躍していました。

私生活でも、ボロと呼ぶうんこを落としたり、おしっこを出しては、過ごしたロサードですが、種付けともなると、繁殖牝馬として繋養生活を送る馬に種付けをしたりしての仕事をこなしておりました。

アンヴェイルと名がついた、初年度産駒は、最初・栗東の橋口弘次郎厩舎に所属してましたが、後に美浦・大竹正博厩舎に転厩、4勝の成績を残して、現役引退後、乗馬として送り始めました。

その後・タマニューホープがロサード産駒世代で初の特別レース勝ちを収めたのです。

ロサードは、2007年から、現在の繋養先であります、同じ、北海道・新冠郡・新冠町・明和の、ビックレッドファームに移動し、2010年を最後に一旦は種牡馬生活を休止したが、その後・最新鋭産駒のクラウンロゼ(牝・3歳)の活躍もあり、再度・種牡馬リストに名を連ねており、牡・18歳になった現在も、同場で種牡馬生活を送っている、薔薇一族の1頭・ロサード(薔薇色の=西)の、今後の活躍を期待したいと想い、願っております。
(終)
スポンサーサイト
line

ロサード(薔薇色の=西) 18歳になった現在も活躍する種牡馬。

ロサードとは、スペイン語で、薔薇色のこと、薔薇一族の1頭として、大きく育ってほしいという願いを込めて命名された、鹿毛の男馬、それがロサードです。

ロサード「ヒヒ~ン、ブルルルル!」

北海道・勇払郡・早来町(現・安平町)の、ノーザンファームで生まれた、鹿毛の馬・ロサードは、1996年4月22日生まれの、鹿毛の馬です。

サンデーサイレンスを父に、ローザネイを母に持つロサードは、ローザネイの1996が血統名の馬で、社台レースホースの所有馬として、総額8000万円にて募集された鹿毛の馬は、2003年に現役を引退するまで、栗東・橋口弘次郎厩舎に預託され、小倉記念を2回優勝し連覇を果たすなど、46戦6勝の成績を残しました。

2003年、マイルチャンピオンシップを最後に、ロサードは現役を引退し、11月28日付で、競走馬生活に別れを告げて、引退し、抹消されました。

2004年から、北海道・浦河町にある、社台スタリオンステーション・荻伏(現在はすでに閉場済。)で、種牡馬としてスタッドインした、ロサードは、ここで新生活を送ることになりました。
(その2へ。)
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Rosa Grance

Author:Rosa Grance
MISTRIAS BOUQUETへようこそ!

鉄道模型の話題を中心に、競走馬の話題なども紹介します。

今後とも、よろしくお願いします。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブロとも一覧
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。