スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

女傑ウオッカなどの母・タニノシスター 死去。

すっぴんでかわいい鹿毛の馬・女傑・ウオッカ(VODKA)を輩出した、繁殖牝馬・タニノシスター(TANINO SISTER)が、7月9日・午前・4時30分 老衰の為、北海道・日高郡・新ひだか町・静内田原の、岡田スタッドで、牝・20歳で逝去されました。

タニノシスターは1993年(平成5年)3月22日・北海道・浦河郡・浦河町の吉田実氏生産の栗毛馬で、父・ルション・母・エナジートウショウの血統、血統名はエナジートウショウの1993です。


1995年・タニノの冠名を持つ、谷水雄三氏(谷水利行氏・株式会社・タニミズ企画・代表取締役社長の父)の所有馬になった、タニノシスターは、サラ系3歳新馬戦(現・メイクデビュー)・2着(札幌競馬場)で競走馬デビューを果たし、1998年に現役を引退するまで、33戦5勝の成績を残しました。

1999年・北海道・静内郡・静内町(現・日高郡・新ひだか町)のカントリー牧場(2012年3月31日で閉鎖・解散された。)で繁殖牝馬入りした、タニノシスターは、初年度から、タニノコロネションなどの産駒を輩出した他。第64回・日本ダービーを73年ぶりに牝馬としての制覇を果たし、2010年から、アイルランドとイギリスのヨーロッパ州で繁殖牝馬生活を送っている、女傑・ウオッカ(VODKA・2011年度の顕彰馬に選出された牝馬)・セレブリティ(H・Hシェイクモハメド殿下の所有馬。)などを輩出するなど活躍していました。

タニノシスターは、7月に体調を崩され、9日の午前4時30分、遂に20歳で息を引き取りました。

人間に例えれば、60~70歳前後の年齢になります。

タニノシスターの現役産駒では、タニノタキシードなどが活躍するなどしております。

タニノシスターの最後の産駒は、2011年5月26日に、北海道・日高郡・新ひだか町のカントリ―牧場(2012年3月31日で閉鎖・解散された。)で、タニノシスターの2011として生産された、ディープスカイを父に持つ、ラテラルアーク(Lateral Ark=太陽の周りにできるとても珍しく美しい虹という意味・毛色・栗毛・株式会社・ノルマンディサラブレッドレーシング・所有・所属馬・栗東・昆貢厩舎・所属・秋の競走馬デビューをめざして、育成中です。) です。

初年度産駒・タニノコロネションから、ラスト産駒・ラテラルアークまで、多くの仔馬の母として、生産し輩出してきた、タニノシスターのご冥福をお祈りしたいと想い、願っております。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Rosa Grance

Author:Rosa Grance
MISTRIAS BOUQUETへようこそ!

鉄道模型の話題を中心に、競走馬の話題なども紹介します。

今後とも、よろしくお願いします。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブロとも一覧
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。