スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

女傑・ウオッカの生産牧場が、3月中に解散。

すっぴんで、かわいい鹿毛の馬・女傑・ウオッカ(VODKA)の、生産牧場・カントリー牧場(北海道・日高郡・新ひだか町)が、このほど、3月中に閉鎖し、解散する事が、2月9日・判明しました。

カントリー牧場は、1963年(昭和38年)・代表の谷水雄三氏の父・信夫氏が開設した牧場で、1968年(昭和43年)の日本ダービー優勝馬・タニノハローモアを始め、1970年(昭和45年)の、日本ダービーの優勝馬・タニノムーティエなどを輩出した、名門牧場で、2007年には、第73回・日本ダービーで、64年ぶりに、牝馬の制覇を果たした、女傑・ウオッカを輩出した他、菊花賞では、ビックウイークが制覇するなど、自家生産馬を輩出したことは有名です。

2月9日、代表の、谷水雄三氏(72歳)が、栗東トレーニングセンターで行われた、記者会見で、48年間・運営してきた、カントリー牧場を、3月中で閉鎖し、解散する事にしましたとの、発表がなされました。

今後、女傑・ウオッカの母・タニノシスターなど、15頭の繁殖牝馬と1歳上の仔馬及び、生産部門の土地は、同じ、新ひだか町の岡田スタッドに、育成部門の土地を、同じ、新ひだか町の千代田牧場に売却・譲渡され、新たな道を歩んでいくことになっている他、アイルランドの、キルディア近郊にある、ギルタウンスタッドで繁殖牝馬として繋養生活を送っている、女傑・ウオッカ及び、初年度産駒・ウオッカの2011(父・シーザスターズ・牡・2歳)・2歳上の仔馬は、引き続き、谷水雄三氏が所有する事になっており、今後とも、馬主事業にて、競馬に関わることになりそうであり、48年間・日高地方の、競走馬生産の屋台骨を支えてきた、カントリー牧場という、名門牧場は、長い歴史に、幕を閉じることになります。
スポンサーサイト

theme : 競走馬【牧場】
genre : ギャンブル

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Rosa Grance

Author:Rosa Grance
MISTRIAS BOUQUETへようこそ!

鉄道模型の話題を中心に、競走馬の話題なども紹介します。

今後とも、よろしくお願いします。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブロとも一覧
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。