スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

HAT TRICK(ハットトリック) 26日(日本時間・27)日で、牡・12歳の誕生日を迎える。

サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔で、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭ともいえる、マイラーチャンピオンマイラーホース・ハットトリック(HAT TRICK=1試合で1選手が3得点以上を挙げることの意味(サッカー用語))が、4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・12歳の誕生日を迎えます。

ハットトリックは、2001年4月26日・北海道・勇払郡・安平町・追分向陽1233-1の追分ファーム生産の、日本産馬で、現役時代・3~7歳まで、中央競馬で活躍、新馬戦・牡丹賞・ナリタブライアンメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・マイルチャンピオンシップ・香港マイルなど、21戦8勝の成績を残しており、2005年の最優秀短距離馬にも選定されるなど活躍しましたが、2007年の5月8日・現役を引退、5月10日に競走馬登録を抹消、山元TCでの検疫検査をへて、5月27日には、飛行機で名残惜しい日本を後に渡航しました。

サンデーサイレンスとトリッキーコードの血統である、サラブレッドのハットトリックは、2007年にアメリカに種牡馬として輸入され、2008年から、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、ウォルマックファームを拠点として、シャトル種牡馬として4年間繋養生活を送り、オーストラリア・アルゼンチンなどでも繋養生活を送りました。

この間に、ジャンリュック・ラガルデール賞を制覇し、全仏最優秀2歳牡馬に選定された、ダビルシム(今年から、種牡馬として繋養生活を送る予定だが、繋養先は未定。)・ハウグレート・キングデービッド・ブライトソードの産駒を輩出、日本でも、毎年・1~2頭のペースで産駒が輸入されており、今年になり、ルヴィロンザと名前が付いた、ハットトリック産駒初の外国産馬が、中央競馬でデビューし、現在も競走馬として活躍中です。

2011年11月上旬になり、牡・10歳の男馬に成長した、ハットトリックですが、種牡馬としてスタッドインしていた、ウォルマックファームが、ハットトリックを同じケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のゲインズウェイファームに売却、11月中旬には、2008年の繋養開始以来、4年間生活を送ってきた、ウォルマックファームを後にしました。

現在の繋養先・ゲインズウェイファームで、ハットトリックが新繋養馬として生活を送り始めたのは、昨年の1月からで、現在も種牡馬として繋養生活を送っており、種牡馬としてスタッドインしてから5年目の、2013年~2014年の種牡馬シーズンも、現役種牡馬として、活躍しております。

ゲインズウェイファームの放牧場に来た、ハットトリックは、青鹿毛の馬体を輝かせながら、放牧に入りました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ブルルルルルルル、ブルルルルルルル、ブルルルルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン」

ハットトリックは、大きい雄たけびでいななきました。

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ。」

ハットトリックは、大きい脚を歩めていました。

ハットトリックが、柵の所まで駆け寄っていると、「ウ―――――――――!」呻き声がしておりました。

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きいうんこを落としていました。

そして、落とした大きいうんこを嗅いでいると、ハットトリックは、大きい鳴き声をしていました。


HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、落としたうんこを嗅いではいななき、顔を上げていました。


ハットトリックが、ニョロ、ニョロ、ニョロと、長い放尿を始めました。

HAT TRICK「バシャ―――――――――――――――――――――――――――――――!」

ハットトリックは、大きいおしっこを出していました。

種牡馬厩舎に戻り、ハットトリックは、大きい餌をはんで、過ごしていました。

ハットトリックは、尻尾をあげて、おおきいうんこをボト、ボトと落としていました。

就寝の時間となり、ハットトリックは、ゴロンと横になり、すやすやと眠りについていました。

2013年~2014年の種牡馬シーズンも、現役種牡馬として、活躍を続ける、ハットトリック、はたして、更なる、大物産駒を産んでくれるのか、期待したいと想い、願っております。
スポンサーサイト
line

HAT TRICK=ハットトリック 現役引退・種牡馬入りから5年。(3)

2011年・牡・10歳になった、ハットトリックは、同年の4月26日(日本時間・4月27日)にはまる10歳の誕生日を迎え、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)でお祝いしたのです。

そこへ、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)と同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣の、Gainesway Farm(ゲインズウエイファーム)から、HAT TRICK=ハットトリックを、2012年~2013年の種牡馬シーズンの新繋養馬として送ってほしいという要請のオファーが、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)にあり、それにWALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)も応じ、今後の対応について協議の結果、11月初旬・同ファームで繋養生活を送っている、HAT TRICK=ハットトリックを、Gainesway Farm(ゲインズウエイファーム)に売却の上、11月中旬に移動し、2012年の種牡馬シーズンから繋養生活を送ることに決め、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)は、Gainesway Farm(ゲインズウエイファーム)との間での契約をかわすに至りました。

11月中旬、2007年6月に来て以来、ここを拠点にして、長く暮らしたHAT TRICK=ハットトリックが、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を去る日が来ました。

WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)の種牡馬厩舎には、馬運車が到着し、長く暮らしてきた、HAT TRICK=ハットトリックが退厩、馬運車に乗り込みました。

馬運車に乗ったHAT TRICK=ハットトリックは、2007年6月に来て以来、長く生活した、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を後に、お隣のGainesway Farm(ゲインズウエイファーム)へ移動し、4年間過ごしてきた、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点にしての繋養生活に終止符を打ちました。

サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔・HAT TRICK=ハットトリックは、2012年~2013年・5年目の種牡馬シーズンから、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、Gainesway Farm(ゲインズウエイファーム)で新繋養馬として生活を送っており、現在に至っております。

HAT TRICK=ハットトリックが、2012年~2013年の種牡馬シーズンから、繋養生活を送っております、Gainesway Farm(ゲインズウエイファーム)は、HAT TRICK=ハットトリックが、前まで繋養生活を送っていた、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)と同じく、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、競走馬生産牧場で、ここには、HAT TRICK=ハットトリックの他、アフリートアレックスを始め、2012年から、新種牡馬として繋養生活を開始した、アフリートエクスプレス・バードストーン・MET MILE(メットマイル)優勝馬の、コリンシアン・オリエンテイト・スモークグリュッケン・タピットが繋養されていますが、最近・タピットの産駒の1頭・タピザーが、種牡馬に加わり、繋養されるようになりました。
(以前は、同じ日本産馬の、サンデーブレイクが2004年から繋養されていましたが、2007年にWALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)に移動し、2009年まで繋養生活を送った後、フランスへ輸出され、2010年からグランカン牧場で繋養生活を送り、2011年からは同じ、フランスの、ラ・エ・ヌーヴ牧場で繋養生活を送り、現在も活躍中です。)

Gainesway Farm(ゲインズウエイファーム)が、昨年・名門牧場の、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)から購入した、HAT TRICK=ハットトリックは、同年の11月18日(日本時間・11月19日)に、同ファームで行われた、オープンハウスでお披露目され、ブリーダーたちの関心を集めました。

ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、Gainesway Farm(ゲインズウエイファーム)の種牡馬厩舎、ここに、HAT TRICK=ハットトリックが、新繋養馬として、2012年の種牡馬シーズンから生活を送っております。

HAT TRICK「ブルルルル。」

ハットトリックは、Gainesway Farm(ゲインズウエイファーム)の厩舎の中で、鼻息を鳴らしました。

放牧場に連れていかれた、HAT TRICK=ハットトリックは、中に入った後、手綱を外しては、走っていきました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ。」

ハットトリックは、大きい雄叫びでいななき、ケンタッキーの大地を大きな脚で蹴って、走ってやりました。

HAT TRICK「パカ、パカ、パカ、パカ、パカ。」

HAT TRICK「パカパカ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

HAT TRICK「ブルルルルルルルルル、ブルルルル。」

ハットトリックは、大きい鼻息を鳴らし、ケンタッキーの空に鳴らしました。

ハットトリックは、顔を下げて、ケンタッキーの大きい牧草をはみました。

HAT TRICK「モグ、モグ、モグ、モグ。」

ハットトリックは、ケンタッキーの牧草を大きくおいしそうにはんでいました。

ハットトリックは、しばらく走って、脚を歩めて、止まった後、尻尾を上げました。

HAT TRICK「ウーーーーーーーーーーーーー!」

HAT TRICK「ボトボトボトボトボトボトボトボト。」

ハットトリックは、大きい緑色のうんこを放牧場の土に落としてやりました。

水を飲んだ、ハットトリックは、にょろにょろとのばして、尿を出し始めました。

HAT TRICK「バシャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

ハットトリックは、大きく、きもちいいおしっこを出してやりました。

ハットトリックは、かっこいい脚をケンタッキーの大地に蹴ってやりながら、戯れていきました。

スタッフに連れられて、ハットトリックは、種牡馬厩舎の厩舎に戻り、入っていきました。

HAT TRICK「カポカポカポカポ。」

HAT TRICK「カポ。」

HAT TRICK「ブルルルルル、ブルルル。」

ハットトリックは、大きい鼻息を鳴らし、生まれ故郷・北海道を想い出しながら、リラックスを楽しみました。

HAT TRICK「フーーーーー!」

HAT TRICK「ファーーーーーーーー!l

HAT TRICK「フーーーーーーー!」

サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の馬、それがハットトリックです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル!」


2012年4月26日(日本時間・4月27日)、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の馬・ハットトリックの、11回目の誕生日を、ゲインズウエイファームで迎えました。

昨年のシーズンまでは、ウォルマックファームで祝っていましたが、ゲインズウエイファームに移動してからはハットトリックの誕生祝を迎え、行うのは初めての事です。

当ファームの代表・アントニー・ペック氏が、まる11歳になった、青鹿毛の馬・ハットトリックを誕生日を祝いました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きい雄叫びでいななきながら、喜びました。

ハットトリックとは、イギリス語で1試合で1選手が3得点以上を挙げる事(サッカー用語)の意味です、2001年4月26日・北海道・追分町・追分ファームでトリッキーコードの2001として生産された、青鹿毛の馬です、今年・新種牡馬として、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)でスタッドインしてから、5周年という記念すべき年、この年から、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、Gainesway Farm(ゲインズウエイファーム)で、新繋養馬として、新たな生活を始めた、ハットトリック、サンデーサイレンスの後継産駒として、今後とも、更なる大物産駒を出して欲しいと、願うところです。

サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、北海道の大地に生まれ、大きく、成長し、育った馬、美しく、きれいで、たくましい体を持つ、青鹿毛の男馬である、マイラーチャンピオンホースであるサラブレッド、それが、ハットトリックです。


HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルルルルルルルルルルル、フーーーーーーーーッ!」

(終)

LINK PAGE Gainesway Farm ゲインズウエイファーム(英語のページ。)

http://www.gainesway.com/















line

HAT TRICK=ハットトリック 現役引退・種牡馬入りから5年。(2)

2007年6月・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)、ここに馬運車に乗っていた、ハットトリックが到着、ハットリックは、着地検査を受けるため、馬運車を降りた。


ハットトリックは、着地検査受けた後、厩舎に移動しました。

HAT TRICK「ブルルルルルル。」

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

ハットトリックは、大きい蹄を鳴らしながら、新しい厩舎にはいりました。

HAT TRICK「ブルルルルル、ブルルルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きい雄叫びで、いなないたのです。

ハットトリックは、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の馬です。

ハットトリックは、大きいたてがみを揺らしてやりました。

ハットトリックは、WALMAC FARM LLCの厩舎で、きもちよく過ごしてやりました。

HAT TRICK「ウーーーーーーー!」

ハットトリックは尻尾を上げて、いいボロを出してやりました。

うんこのことを、英語でボロといい、ハットトリックは大きいボロという、うんこを出しておりました。

2008年から、WALMAC FARM LLCで種牡馬生活を開始した、HAT TRICK=ハットトリックは、多くの繁殖馬に種付けをしました。

2009年2月には、ハットトリックの最初の産駒が生まれ、その後毎月・初年度産駒を輩出しました。

又、ハットトリックはシャトル種牡馬としても活躍しており、初年度の後半・オーストラリア(インディペンデンススタッド)にて繋養された他、2009年の3月から、2010年の10月までは、アルゼンチン(エルマリン牧場)にも出て、繋養生活を半年間送り、多くの牝馬に種付けを行い、輩出してきました。

2010年の11月・WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)に戻った、ハットトリックは、冬・同場の厩舎で過ごしたり、放牧場で走り回ったりして、過ごしていきました。

HAT TRICK「ブルルルル。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ」

HAT TRICK「パカッ、パカッパカッ、パカッ、パカッパカッ パカッ、パカッパカッ、パカッ、パカッパカッ。」

雪の降った、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)の放牧場で、ハットトリックは、大きい脚で蹴って、走ってやりました。

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ブルルルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きい雄叫びを、鳴らし、ケンタッキーの空に響かせました。
(その3へ続く。)
line

HAT TRICK=ハットトリック 現役引退・種牡馬入りから 5年。

サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔・ハットトリックが、5月8日で、現役を引退し、アメリカで種牡馬として繋養生活を送ることが決まってから、5年を迎えました。

ハットトリックとは、イギリス語で、1試合で1選手が3得点以上を挙げる事(サッカー用語)の意味です。

ハットトリックは、2001年4月26日・北海道・追分町(現・安平町)の、追分ファーム産の青鹿毛馬です。

現役時代・美浦・清水美波 栗東・角居勝彦 両厩舎に所属し、スポーツニッポン賞金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・第22回・マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフィック香港マイル(香港瓶)など、21戦8勝の成績を残した実力馬で、2005年には、最優秀短距離馬に選定され、授賞しました。

2007年4月に行われた、読売マイラーズカップで6着に敗れた、ハットトリックは、安田記念にコマを進めて、調整されておりました。

その矢先、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)など、海外の牧場などから、南アフリカとアメリカを半年ごとに行き来するシャトル種牡馬として繋養生活を送れる様、種牡馬としてスタッドインしてほしいというオファーが出されたのです。

それに対し、馬主のキャロットファームもそれに応じ、関係者との協議の結果、2007年5月8日に現役引退を発表しました。

栗東・角居勝彦厩舎は、ハットトリックの登録抹消願を、日本中央競馬会に提出、受理しました。

2007年5月10日・ハットトリックが、栗東・角居勝彦を出発する時が来ました、同厩舎には、馬運車が到着し、ここにいた、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔・ハットトリックが、厩舎を出ました。

ハットトリックは、2004年の秋に転厩できて以来、長く住んでいた、角居勝彦厩舎を離れ、馬運車に乗り込みました。

ハットトリックは、栗東トレーニングセンターを後に、宮城県・山元トレーニングセンターへ移動、ここで出国検疫検査を受けました。

5月27日・ハットトリックが飛行機で、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクへ行くため、検疫検査を受けていた、山元トレーニングセンターを後に、馬運車で空港へ移動しました。

空港に到着した、ハットトリックは、馬運車を降り、ストールに積まれていきました。

HAT TRICK「ブルルルルルル、ブルルルル、ブルルルル、ブルルルルルルルル。」

ハットトリックは、大きい鼻息を鳴らしてやりました。

ストールに乗せられた、ハットトリックは、飛行機に積み込まれていきました。

サンデーサイレンスとトリッキーコードの血統である、青鹿毛の馬・ハットトリックは、アメリカへ種牡馬生活に出発、長く住んできた、日本を後に渡航しました。

飛行機の中で、ハットトリックは、英気を養いながら、過ごしていました。

果たして、ハットトリックは、アメリカで種牡馬生活を送っていく男馬に成長できるのか、ハットトリックの種牡馬としての、繋養生活を送る日が始まります。
(その2へ続く)
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Rosa Grance

Author:Rosa Grance
MISTRIAS BOUQUETへようこそ!

鉄道模型の話題を中心に、競走馬の話題なども紹介します。

今後とも、よろしくお願いします。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブロとも一覧
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。