スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

14戦14勝の無敗馬・フランケル 引退。

2008年2月11日(日本時間・2月12日)に、ジュドモンドファームで生産され、デビュー以来・ヘンリー・セシル調教師の厩舎に預けられ、14戦して14勝無敗を誇った、イギリスを代表するサラブレッド・フランケルが、このほど現役を引退しました。

フランケルは、父・ガリレオ・母・カインドで、毛色は、鹿毛で牡のサラブレッドです。

フランケルは2歳の時に、ニューマーケット競馬場で行われた、メイドン・1着でデビューし、条件戦も制覇しました。

フランケルが特別戦を制覇したのは、アスコット競馬場で行われた、ロイヤルロッジステークスで、デビューして3戦目の事でした。

その後・デュハーストステークス・グリーナムステークス・2000mギニー・セントジェームスパレスステークス(日本からは、グランプリボスが参戦したレース。)・サセックスステークス(2回)・クイーンエリザベスステークス・ロッキンジステークス・クイーンアンステークス・インターナショナルステークスと、T・クゥイリー騎手の騎乗で制覇を果たしてきました。

2010年8月13日(日本時間・8月14日)のデビュー以来、14戦して14勝の成績を残した、フランケルがラストランに選んだのは、2012年10月20日(日本時間・10月21日)に行われた、チャンピオンステークスで、アスコット競馬場では重馬場でのレースになり、フランスから参戦した、シュリュスデゼーグルを抑えて制覇、これがフランケルのラストランレースとなりました。

フランケルのオーナー・ハーリド・ビン・アブドラー王子は、同馬の今後の対応について協議した結果、チャンピオンステークス・1着をラストランに、引退することに決めました。

14戦14勝の成績を残した、フランケルは、来年からは、イギリス・ニューマーケット郊外の、バンステッドマナーファームで種牡馬として繋養生活を送ることになっており、フランケルの初年度産駒の誕生を期待したいと想い願っております。
スポンサーサイト
line

Zenji(ゼンジ) アリストン賞を制覇する。

フランスの条件戦・アリストン賞が、6月8日(日本時間・6月9日)に、メゾン・ラ・フィット競馬場で行われ、P・ブトー騎手・騎乗のZenji(ゼンジ)が、1分07秒50のタイムで優勝し、デビュー2戦目で初勝利を挙げました。

ゼンジも、ハットトリック(JPN)を父に持つ産駒の1頭で、2010年・米国産のサラブレッド、母・ジンジリベリンヌ(母の父・ザイーテン)の間に生産された男馬、フランスの名門厩舎・A・ファーブル厩舎の、A・ファーブル調教師の妻・エリザベス氏の所有馬であり、今年行われた、新馬戦・3着で同厩舎から競走馬デビューを果たし、今回が2戦目であり、2着のクヌンジャを抑えて1着となり、初勝利を挙げました。

ゼンジの父・ハットトリックも、昨年は、初年度産駒・ダビルシムが、ジャック・リュック・ラガルデール賞を制覇し、無敗の成績で、カルティエ賞の、最優秀2歳牡馬にハットトリック産駒では初の受賞を果たすなど、活躍を広げており、アメリカでも、ハウグレートなどが産駒として送り出されているなど、ハットトリックは種牡馬としても活躍しており、今年の6月に、ウオルマックファームでスタッドインしてから、5周年になったばかりであり、今後の活躍が期待されている、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔です。

ゼンジの父・ハットトリックは、2008年から2011年の秋までは、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で4年間繋養生活を送り、この間・オーストラリア・アルゼンチンでもシャトル種牡馬として繋養生活を送っていました。

その後、2011年11月上旬になり、ハットトリックは、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のGaines Way Farm(ゲインズウェイファーム)に移動、2012年~2013年の種牡馬シーズンから、同牧場で、5年目の種牡馬シーズンを送っており、現在に至っております。

フランス競馬で、ダビルシムに次いで、2頭目のハットトリック産駒の特別戦制覇馬となった、Zenji(ゼンジ)の今後の活躍を、期待したいと想い、願っております。
line

ハットトリックの産駒の1頭・MISS SLAP SHOTが、ネブラスカ競馬の未勝利戦で勝利する。

ぼくの大好きな応援馬・Tripletta=トリプレッタ(イタリア語で、HAT TRICK=ハットトリックという意味(父・HAT TRICK=ハットトリックが、イギリス語で、1試合で1選手が3得点以上を挙げる事(サッカー用語)の意味から、連想して命名・ハットトリックの1年目産駒)・父・HAT TRICK=ハットトリック・母・DREABONSLEGACY=ドリーボンズレガシー・毛色・青鹿毛・牡・2歳・2010年2月22日生まれ・追分ファーム(北海道・勇払郡・安平町・追分向陽1233-1)・生産・栗東・角居勝彦厩舎・所属・血統名・ドリーボンズレガシーの10)は、4月17日にノーザンファーム・しがらきから、所属厩舎の、栗東トレーニングセンターの、角居勝彦厩舎に到着し、無事・入厩、4月25日から調教を開始し、4月26日付で新規馬名登録を受け、4月27日からゲート練習をこなし、昨日行われた、ゲート試験を受けて1発合格しました、今後、大好きな応援馬・トリプレッタ(Tripletta=イタリア語で、ハットトリックという意味・父・HAT TRICK=ハットトリック・母・DREABONSLEGACY=ドリーボンズレガシー・血統名・ドリーボンズレガシーの10)が、無事に競走馬としてデビューし、重賞制覇を果たすなどとして活躍、将来・引退後の種牡馬繋養生活を送ることをめざして、活躍してほしいと願いながら見守ってくれる馬になってほしいと、祈っております。

ぼくの大好きな応援馬・トリプレッタ(Tripletta=イタリア語で、ハットトリックという意味・血統名・ドリーボンズレガシーの10)が、ノーザンファーム・しがらきで順調に育成されているそんな最中の矢先、またもや、HAT TRICK=ハットトリックの産駒の勝利の一報が、アメリカから飛び込んで来ました。

4月21日(日本時間・4月22日)・アメリカ・ネブラスカ州・FONNER PARK競馬場で行われた、MAIDEN SPECIAL WEIGHT(未勝利戦)で、ゼッケン番号・4番で出走した、HAT TRICK=ハットトリックの初年度産駒の1頭・MISS SLAP SHOT(母・FOXY RED・血統名・FOXY REDの09)が、2着のTOUCH OF SOUP・3着のBARB WIREを抑えて、優勝しました。

FONNER PARK競馬場で行われた、MAIDEN SPICAL WEITGHT(未勝利戦)を制覇した、MISS SLAP SHOT(母・FOXY RED・血統名・FOXY REDの09)は、2008年から、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパパイクにある、WALAC FARM LLC(ウォルマックファーム)で繋養を開始し、2012年から、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、Gainesway Farm(ゲインズウエイファーム)で、新繋養生活を送っている、HAT TRICK=ハットトリックの初年度産駒の1頭で、2009年5月5日生まれの牝・3歳で、ルイジアナ州・ロジャーズ・ダニエル&ロジャーズ・デビッド氏の生産所有馬で、ロバート・ホフマン厩舎・所属になる黒鹿毛馬です。

今年・HAT TRICK=ハットトリックの産駒の勝利は、1月21日(日本時間・1月22日)に行われた、キティンズジョイステークス・3月11日(日本時間・3月12日)に行われた、パームビーチステークス(いずれも、ガルフストリーム競馬場(フロリダ州・ハランデール))の、2重賞を制覇し、現在も現役で活躍中の、HOW GREAT=ハウグレートを始め、3月25日(日本時間・3月26日)にカリフォルニア州・ゴールデンゲートブリッジ競馬場で行われた、MAIDENSPECIAL WEIGHT(未勝利戦)では、初年度産駒の1頭・EMONA(エモナ)が勝利を果たすなど活躍しており、4月126日(日本時間・4月27日)に、牡・11歳の誕生日を迎えたばかりの、HAT TRICK=ハットトリックが、今後・更なる大物産駒が輩出できるのか、期待したいと想い、願っております。

今回・ネブラスカ州・FONNER PARK競馬場で行われた、MAIDEN SPECIAL WEITGHT(未勝利)を制覇した、HAT TRICK=ハットトリックの初年度産駒の1頭・MISS SLAP SHOT(母・FOXY RED・血統名・FOXY REDの09)の、今後の活躍を期待したいと想い、願っております。
line

THE PALM BEACH STEAKS(3月11日(日本時間・3月12日) )

アメリカ競馬の重賞競走・THE PALM BEACH STEAKS(パームビーチステークス)が、3月11日(日本時間・3月12日)に、アメリカ・フロリダ州・ハランデールにある、ガルフストリームパーク競馬場で行われ、ジョン・R・ベラスケス騎手が騎乗した、HOW GREAT=ハウグレートが1分46秒56で優勝しました。

2着には、ケント・K・デザーモ騎手騎乗の、DULLAHAN=デュラハンが入り、3着には、パゴ・ロペス騎手騎乗の、CSABA=シーサヴァが入りました。

THE PALM BEACH STEAKS(パームビーチステークス・3月11日(日本時間・3月12日)・ガルフストリーム競馬場) 結果(いずれも、2009年生まれ・3歳馬・USA・KY産)

WINNER HOW GREAT=ハウグレート
父・HAT TRICK=ハットトリック(JPN)・母・GINGER SEA=ジンジャーシー(SAF)
馬主・TEAM VALOR INTERNATIONAL・調教師・H GRAHAM MOTION氏・生産者・BARRY LRWIN氏

2ND DULLAHAN=デュラハン
父・EVEN THE SCOER=イーヴンザスコア・母・MYNING MY=マイニング マイ
馬主・DONEGAL RACING・調教師・DALE・L・ROSMANS氏・生産者・PHIT NEEDHAM氏・JUDI NEEDHAM氏&BENA HALECKY氏

3RD CSABA=シーサヴァ
父・KITTINS' JOY=キティンズジョイ・母・HIGH CHANT=ハイ チャント
馬主・HORANDER BRUCE氏&SHAPOFF CARY氏・調教師・PHILIP A GLEAVES氏・生産者・KENNITH.L.RAMSEY氏&SARAH.K.RAMSEY氏

THE PALM BEACH STEAKS=パームビーチステークスの優勝馬・HOW GREAT=ハウグレートは、2011年12月16日の一般戦デビュー以来、前走・KITTINS'JOY STAEAKS=キティンズジョイステークスで初の重賞制覇を果たす等、2戦2勝無敗の黒鹿毛の馬で、その父・HAT TRICK=ハットトリック(JPN)は、現役時代・美浦・清水美波(よしなみ) 栗東・角居勝彦 両厩舎に所属、未勝利戦・牡丹賞・ナリタブラインメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞・金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・第22回・マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフィック航空カップ香港マイル(香港瓶)等で、21戦8勝をあげる活躍を見せた、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔であり、2001年4月26日生まれ・日本・追分ファーム(北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)・追分向陽1233-1)産の青鹿毛馬・トリッキーコードの2001が血統名のサラブレッドで、キャロットファームの所有馬として競争馬で活躍した牡馬のサラブレッドで、2005年の最優秀短距離馬にも選定される等活躍しましたが、2007年5月8日には現役を引退、5月10日には競走馬登録を抹消され、山元トレーニングセンターでの検疫検査を経て、5月27日には、アメリカでの種牡馬生活へ出発、二度と戻ることのない日本を後に渡航しました。

2008年から、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)を拠点に、オーストラリア・アルゼンチンにもシャトル種牡馬として、繋養生活を送ってきた、HAT TRICK=ハットリックは、2011年11月中旬から、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、GAINES WAY FARM(ゲインズウエイ ファーム HP・http://www.gainesway.com/)に移動し、現在も、ここで2012年の5年目の種牡馬シーズンから、新繋養馬として供用生活を送っており、今後の活躍が期待されております。
(HOW GREAT=ハウグレートの父・HAT TRICK=ハットリックが、種付けし、2010年に追分ファームで生産された、ドリーボンズレガシーの10(母・ドリーボンズレガシー・毛色・青鹿毛・牡・2歳。)が、トリプレッタ(TRIPLETTA=イタリア語で、ハットトリックという意味。)に決まり、今後・競走馬デビューを目標にして、育成されていくようです、所属厩舎は、HOW GREAT=ハウグレートの父・HAT TRICK=ハットリックが現役時代にお世話になった、栗東・角居勝彦厩舎になりそうです。)

今回・THE PALMBEACH STEAKS=パームビーチステークスを制覇した、HOW GREAT=ハウグレートの、今後の活躍を期待し対したいと想い、願っております。

theme : 競馬
genre : ギャンブル

line

HOW GREAT=ハウグレートV ALLOWANCE(一般戦・ガルフストリームパーク競馬場)

アメリカ・ケンタッキー州生まれの黒鹿毛の馬・HOW GREAT=ハウグレートが、12月15日(日本時間・12月16日)に、アメリカ・フロリダ州・ガルフストリームパーク競馬場(ハランデール)での、ALLOWANCE(アローワンス・一般戦・第9レース)に出走し、ジョン・ベラスケス騎手の活躍で、2着の、ウイッチマーケットを抑えて優勝、日本産馬を父に持つ馬では、Hiedden Ball Trickに次いで、2頭目の馬の、アメリカ競馬での、デビュー初勝利を挙げました。

3着には、オールフォーザトリップが、入りました。

HOW GREAT=ハウグレートは、父・HAT TRICK=ハットリック(Jpn)・母・GINGERSEA=ジンジャーシー(Saf)で、2009年5月14日(日本時間・5月15日)生まれ、アメリカ・ケンタッキー州・BARRY LRWIN氏の生産、TEAM・VALOR・INTERNATIONALの所有、MOTION・H厩舎(アメリカ)所属の下、現役競走馬として走らせている馬で、この馬も、DABIRSIM=ダビルシム(母・RUMORED=ルモレード・2009年2月5日生まれ・サイモン スプリンガー氏(フランス)・所有・C・フェルランド厩舎(フランス)・所属 第152回 ジャン・リュック・ラガルデール賞 優勝馬・2011 カルティエ賞・最優秀2歳牡馬・受賞馬)と同じく、父・HAT TRICK=ハットトリックの初年度産駒の1頭で、HOW GREAT=ハウグレートの、父・HAT TRICK=ハットトリックは、2001年4月26日生まれ・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)・追分向陽1233-1の、追分ファームの生産になる、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔であり、トリッキーコードの2001が血統名の青鹿毛のサラブレッドで、現役時代・キャロットファームの所有馬として、日本の中央競馬で、未勝利戦・牡丹賞・ナリタブライアンメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞・金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・第22回 マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフィック香港マイル(香港瓶)など、21戦8勝の成績を残しており、2005年の最優秀短距離馬に選定されるなど活躍しましたが、2007年5月8日に惜しくも現役引退、5月10日付で競走馬登録を抹消、2008年から、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)で3年間・新種牡馬として繋養生活を開始した他、シャトル種牡馬としてオーストラリア・アルゼンチンでも繋養生活を半年間送りましたが、牡・10歳になった、今年の11月上旬になり、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣の、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)に売却、同月中旬になり、同場へ移動し、3年間・新種牡馬として繋養生活を送ってきた、WALMAC FARM LLCを後にしました、来年の種牡馬シーズンから、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)で新生活を送ることになっており、今後の活躍が期待したいと想い、願っております。

父・HAT TRICK=ハットトリックの、初年度産駒が初勝利を果たしたのは、今年・6月8日のデビュー以来、フランスで競走馬生活を現在も送り、5戦5勝無敗の成績で、2011年の カルティエ賞・最優秀2歳牡馬に選定された、DABIRSIM=ダビルシム(第152回・ジャン・リュック・ラガールデール賞 優勝馬)に次いで、2頭目で、アメリカ競馬を、HAT TRICK=ハットトリックを父に持つ初年度産駒が制覇したのは、数か月前にも、アメリカの別の競馬場で、HAT TRICK=ハットリックの初年度産駒の1頭、Hidden Ball Trickが初勝利を果たしており、HAT TRICK=ハットトリックの、初年度産駒の初勝利は、HOW GREAT=ハウグレートで、2頭目のケースになります。
(HAT TRICK=ハットトリックの初年度産駒には、MATAHARI=マタハリ・TOKYO CAT=トウキョウキャット・HINOKI=ヒノキなどが、たくさんいます。)

父・HAT TRICK=ハットトリックの初年度産駒で、アメリカ競馬を初勝利で挙げた馬では、Hidden Ball Trickに次いで2頭目のケースとなった、HOW GREAT=ハウグレートの、今後の活躍を期待したいと想い、願っております。

(追記)
HOW GREAT=ハウグレート(父・HAT TRICK=ハットトリック(Jpn)・母・GINGER SEA=ジンジャーシー(Saf)・牡・3歳)は、1月21日(日本時間・1月22日)・アメリカ・フロリダ州・ガルフストリームパーク競馬場(ハランデール)で行われた、KITTNS' JOY STEAKS(キティンズジョイステークス)にも出走し、2着のLUCKY CHAPPY=ラッキーチャッピー(IRE)を抑えて優勝し、2連勝とし、父・HAT TRICK=ハットトリック(JPN)の初年度産駒初の、アメリカ競馬での特別戦制覇を果たしました。

theme : 競馬
genre : ギャンブル

line
line

line
プロフィール

Rosa Grance

Author:Rosa Grance
MISTRIAS BOUQUETへようこそ!

鉄道模型の話題を中心に、競走馬の話題なども紹介します。

今後とも、よろしくお願いします。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブロとも一覧
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。