スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

165系800番台 飯田線 急行「伊那」 4両編成セット(10-1335) 2本目を購入。

<KATO 165系800番台 飯田線 急行「伊那」

KATO 京都駅店・特製品の、165系800番台 飯田線 急行「伊那」・4両編成セット(10-1335)
(遂に、KATO 京都駅店で購入・納車した、KATO 165系800番台 飯田線 急行「伊那」・4両編成セット(10-1335)


2016年10月14日・ぼくは、KATO 京都駅店(京都市下京区東塩小路町・京都駅ビル・9階)に行き、前回に引き続き、165系800番台 飯田線 急行「伊那」・4両編成セット(10-1335・KATO)の、2本目を、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 4個)を取り付けた、KATO 京都駅店 特製品・1セットを購入納車しました。

前回・8月15日に、6月28日に、新発売された、165系800番台 飯田線 急行「伊那」・4両編成セット(10-1335・KATO)を、購入・納車しておりますが、この時は、ポポンデッタ・イオンモールKYOTO店(京都市南区八条口鳥居町・イオンモールKYOTO 4階)で、15714円で購入・納車しましたが、今回は、19116円と、いずれも、痛い出費になりましたが、いずれも、新品であり、新製配置にて、購入・納車され、しかも、定価販売にて購入・納車しました。

KATO 京都駅店には、他に、165系800番台 飯田線 急行「こまがね」・4両編成セット(10-1334・KATO)も、在庫してありましたが、今回は、予算の都合から見送り、前回に引き続いて、165系800番台 飯田線 急行「伊那」・4両編成セット(10-1335・KATO)を、ジャンパ線を2個・取り付けた上、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 4個)を取り付けた、KATO 京都駅店・特製品を選んで、購入・納車しました。

ポポンデッタ・イオンモールKYOTO店で、購入・納車しました。165系800番台 飯田線 急行「伊那」・4両編成セット(10-1335・KATO)¥1本目と連結運転すれば、往年の急行「比叡」(名古屋~大阪間)も、8両1編成にて再現できますし、飯田線の急行「伊那」同士のすれ違い並びも再現できるようになっており、こちらも、飯田線を走った、往年の急行の1つ「天竜」)飯田~長野間)も再現できるすぐ獲物で、先頭車は両方ともクハ165形で、中間車はモハ165形0番台と、モハ164形800番台(M・低屋根 この形式のみ、800番台でmほかの165形(クハ・モハ)は、0番台・100番台を連結させて走らせます。)となっているとの事で、フライホイール動力ユニットを採用していることもあり、素晴らしい走りを見せております。

これで、KATOのNゲージ・165系800番台 飯田線 急行「伊那」・4両編成セット(10-1335)は、4両2編成になりました。

今後共、大切に扱い、末永いご愛用して頂こうと想い、願っております。
スポンサーサイト
line

飯田線シリーズ 165系800番台・急行形直流電車 「伊那」 4両編成セット(10-1335・KATO)

165系800番台・急行形直流電車
(遂に、購入した、KATOのNゲージ・飯田線シリーズ 165系800番台・急行形直流電車 「伊那」・4両編成セット(10-1332・新仕様) 購入先の、ポポンデッタ イオンモールKYOTO店(京都市・南区・八条口鳥居口町 イオンモールKYOTO Sakura館・4階)では、1点のみの在庫だったので、それを、購入・納車しました。)

ぼくは、8月15日・ポポンデッタ・イオンモールKYOTO店に行き、兼ねてから購入したかった、Nゲージ 飯田線シリーズ・165系800番台・急行形直流電車 「伊那」・4両編成セット(10-1335・KATO  新仕様) 1セットを、購入・納車しました。

実車の、165系は、昭和38年(1963年)から製造された、DT32形・TR69形 空気ばね台車・抑速発電ブレーキを取り付けた、勾配線区用の、直流急行形電車で、上越線・信越本線の「佐渡」・「赤倉」など、北海道・東北を除く、全国各地で使用された車両です。

又・断面の小さい、中央本線・東線・身延線などのトンネル通過に対応するため、パンタグラフの屋根を低屋根化した、モハ164形800番台が登場して、「アルプス」・「みのぶ」・「こまがね」・「伊那」・「富士川」・「きそ」などの、中央本線・西線・身延線・飯田線・大糸本線(南線)などにも乗り入れ仕様で、登場したりしました。

模型も、KATO・TOMIX・Micro Aceなどのメーカーが競う様に製造されて、新品・中古を問わず、販売されております。

今回・購入・納車した、KATOのNゲージ・飯田線シリーズの1つで、同シリーズでは、初の新性能直流電車模型製品として、登場した、165系800番台・急行形直流電車 「伊那」 4両編成セット(10-1335)は、動力装置を、フライホイール動力ユニットを採用した、ハイグレードモデルに一新された、リニューアルモデルで、今年の6月に新発売された、KATOのNゲージ・2016年モデルの1つであり、購入・納車先の、ポポンデッタ・イオンモールKYOTO店では、1点のみの在庫であったのを、購入・納車したもので、夜間運転もするので、するので、LED室内灯・クリアを標準装備させた、豪華版になっており、資金を車両と室内灯の両方に回しながらの購入・納車となりました。

価格が、15714円と、車輌導入費用と室内灯取り付け費用に手数料を合わせた、金額での購入・納車となっており、もちろん、新品で、新製配置にて、導入・ゲットさせた、Nゲージ車両であり、今後共、大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。
line

阪急電鉄・9300系 通常品(4両編成セット 10-1278・基本セット 10-1279・増結セット 2セット KATO)

KATO Nゲージ 阪急電鉄 9300系 通常品・1

今回・紹介するのは、9月8日に、KATOから、新発売された、Nゲージ 阪急電鉄・9300系 通常品(4両編成セット・10-1278・基本セット 10-1279・増結セット 2セット)です。

10月15日・ホビーセンターカトー・大阪店で、購入・納車した、ニューモデルで、前回・8月28日に購入・納車した、時は、予算の都合から、同じKATOのNゲージ・阪急電鉄 9300系・8両編成セット(10-1280・特別企画品) 1セットのみの導入となっており、29202円と痛い出費になりましたが、定価販売にて、購入・納車しましたが、今回は、4両編成セット(10-1278・基本セット 10-1279・増結セット)・2セット)であり、通常品での販売となっており、前回に引き続いて、LED室内灯・クリア(KATO・純正品)を標準装備で取り付けた、豪華版のニューモデルとなっております。

その為、今回は、29310円と、こちらも、痛い出費になりましたが、定価販売にて、購入・納車した物で、もちろん、新品の初期ロット品であり、新製配置にて導入・ゲットした、豪華版となっております。

10月22日に、ぼくの家のレールに入線し、運転を開始しました。

走らせて見ると、フライホイール動力ユニットの動きも相俟って、素晴らしく走りを見せております。

今回、購入・納車した、KATOのNゲージ・阪急電鉄 9300系ですが、前回・8月28日に購入・納車した、8両編成セット(10-1280・特別企画品 1セット)が、9305Fをプロトタイプにモデル化しているのに対し、4両編成セット(10-1278・基本セット 10-1279・増結セット 2セット・通常品)は、9308Fをプロトタイプにモデル化してあります。

もちろん、阪急電鉄・9300系 8両編成セット(10-1280・特別企画品)との並び運転も再現しており、すれ違いシーンも再現運転することもあります。

今後共、KATOのNゲージ・阪急電鉄 9300系 4両編成セット(10-1278・基本セット 10-1279・増結セット 2セット・通常品)を。大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。
line

JR西日本 225系6000番台〈丹波路快速〉6両セット(10-1201・KATO)

225系6000番台

所有する、Nゲージ車両の1つに、JR西日本 225系6000番台<丹波路快速> 6両セット(10-1201・KATO)があります。

【実車】

2009年・JR西日本が、自社設計により登場させた、225系0番台の一部が、120km性能固定とし、黄色線・2本の帯をまいた、4両編成と6両編成の2本立てにした、120km仕様車の、225系6000番台が登場、JR宝塚線(福知山線)の〈丹波路快速〉(大阪~篠山口・福知山間)にデビューしました。

225系6000番台は、現在も、〈丹波路快速〉に、221系・223系6000番台(2パンタ車)と共通で使用されている他、大阪~宝塚間の、〈区間快速〉にも、4両・6両の編成で活躍しております。

【模型】

2013年10月18日の新発売と同時に、ホビーセンターカトー・大阪店で購入・納車しました、新品のニューモデルで、夜間運転考慮し、LED室内灯・クリア(11-212・6両分 KATO・純正品)を、全車・標準装備で取り付けた、豪華版になっております。

その為、20580円の、定価販売で購入・納車しました。

購入・納車早々、2号車の上部にある、「弱冷房車」の印刷漏れが見つかり、代替シールで対応することになり、後日・ホビーセンターカトー・大阪店に行き、代替シールを請求したところ、郵送で代替シールが送られてきました。

本当は、自分で貼り付けなければならない、「弱冷房車」の代替シールですが、ぼくが陶芸の仕事で多忙の為、ホビーセンターカトー・大阪店で貼り付けてもらいました。

ホビーセンターカトー・大阪店の2階で走らせて見たら、フライホイール動力ユニットを採用した、動力装置の動きも相俟って、素晴らしい走りを見せております。

しかも、初期ロット品の新品モデルであり、新製配置にて導入・ゲットした、Nゲージモデルとなっております。

ぼくが、KATOに製品化をお願いした、Nゲージモデルであり、JR西日本により、登場させた、225系のNゲージモデルを購入・納車したのは、6000番台〈丹波路快速〉が、初めてのケースとなりました。
(その後、12月13日には、同じKATOのNゲージ・JR西日本 225系0番台「新快速」8両セット(10-871)を、ホビーセンターカトー・大阪店でLED室内灯・クリア(11-211・1両分 2個  11-212・6両分 1セット・KATO・純正品)を取り付けた上で、定価販売で購入・納車しました。)

あれから、今年は、KATOのNゲージ・JR西日本 225系を購入・納車してから、2周年という、記念すべき年を迎えます。

KATOのNゲージ・JR西日本 225系は、現在・0番台「新快速」8両セット(10-871) 1セットと、先に購入・納車しました、6000番台<丹波路快速〉 6両セット(10-1201) 1セットの、計・2セットを所有しており、今年の5月25日~8月16日にかけて、購入・納車しました、287系「こうのとり」のベースになった車両の1つになっており、今後共、大切に扱い、末永くご愛用して頂こうと想い、願っております。
line

ジェンティルドンナ 母としての新生活。

ノーザンファームで繁殖牝馬として繋養生活を送る、ジェンティルドンナ

ジェンティルドンナとは、イタリア語で、貴婦人という意味、貴婦人のように大きく活躍してほしいという願いが込められている、鹿毛の女の子のサラブレッド、それが、ジェンティルドンナです。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」

ジェンティルドンナ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」


ジェンティルドンナ「パカッ。」


ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」


北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地 ノーザンファーム。


ディープインパクトと、ドナブリーニの仔で、今年から、繁殖牝馬として繋養生活を送っている、ジェンティルドンナ。

2009年2月20日生まれの、牝・6歳。

現役時代、栗東トレーニングセンター・石坂正厩舎に預託され、2~5歳まで、ジャパンカップ(2回)・ドバイワールドカップ シーマクラシック・桜花賞・オークス・ローズステークスなど、重賞も含めて優勝するなど、競走生活を送り、2012・2014年の、年度代表馬にも、2回選出されたほか、最優秀4歳上牝馬にも選出された、実力派の牝馬でした。

2014年12月28日に、中山競馬場で行われた、第59回・グランフリ・有馬記念 1着を最後に現役を引退、同年同日付で、競走馬登録を抹消、競走生活に終止符を打ちました。

ジェンティルドンナは、今年の1月4日に、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地の、ノーザンファームで繁殖牝馬として、繋養生活を開始し、母・ジェンティルドンナとして、新生活を開始しました。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ディープインパクトと、ドナブリーニの仔・ジェンティルドンナは、ジャパンカップにも3回出走し、2回・優勝した事のある、鹿毛のサラブレッドです。

2014年のジャパンカップに出走し、3連覇を目指した、ジェンティルドンナ、結果は、エピファネイアの4着に敗れ、3連覇はならなかったが、2回優勝するなど、ジャパンカップでは、3回出走して、2回勝利するという成績を残したのです。

又・ドバイワールドカップ シーマクラシックも2回出走して、1回・優勝するなどの成績を、ジェンティルドンナは残したのです。

ジェンティルドンナは、グランフリ・有馬記念で、有終の美を飾った後、引退しましたが、ハッピーエンドカップ後に行われた、引退式では、大勢の競馬ファンに惜しまれつつ、ドバイワールドカップ シーマクラシックを制覇した時の姿で、ターフを去ったのです。

3月4日・ノーザンファームの種付交配場に来た、ジェンティルドンナは、初年度の配合種牡馬・キングカメハメハと種付交配に挑みました。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナは、大きくいななき、配合種牡馬・キングカメハメハから出る精子入りの尿を、ジェンティルドンナにかけては、配合種付交配をしていました。

ジェンティルドンナは、初年度配合種牡馬・キングカメハメハとの、種付を終えました。

繁殖牝馬厩舎の、ジェンティルドンナは、早来の大地を見ては、過ごしていました。

3月20日の深夜・ジェンティルドンナは、無事・キングカメハメハの仔を受胎しました


朝の、ノーザンファームの放牧場に、ジェンティルドンナは、放牧に出され、マタニティライフを開始しました。


鹿毛の女の子のサラブレッド・ジェンティルドンナは、繁殖牝馬となり、母・ジェンティルドンナとして、新繋養生活を開始しました。

ジェンティルドンナ「モグ、モグ、モグ、モグ」

ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルル。」


ジェンティルドンナ「カポ、カポ、カポ、カポ。」


イタリア語で貴婦人という意味で、貴婦人のように、大きく活躍をしてほしいという願いが込められている、鹿毛の女の子のサラブレッド・ジェンティルドンナ、今年から繁殖牝馬となり、母・ジェンティルドンナとして、キングカメハメハの仔を宿っていて、優雅なマタニティライフ生活を送っています。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナは、大きいいななきで、早来の空に鳴いていました。

ディープインパクトを父に、ドナブリーニを母に持つ鹿毛の女の子のサラブレッド・ジェンティルドンナ、来年・2月4日には、キングカメハメハの間に、待望の初年度産駒が生まれる予定になっており、2018年には、ジェンティルドンナの初年度産駒が競走馬デビューする予定になっている様です。

競走馬として、長く競走生活をして来た、イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のように大きく活躍してほしいという願いを込めて命名された、ジェンティルドンナ、ジェンティルドンナを母に持つ、初年度産駒が競走馬として新たな活躍を見せるのか、期待したいと想い、願いつつ、繁殖牝馬ととして新生活を送り始め、繋養生活を送る、鹿毛の女の子のサラブレッド、それが、ジェンティルドンナです。


ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル!」
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Rosa Grance

Author:Rosa Grance
MISTRIAS BOUQUETへようこそ!

鉄道模型の話題を中心に、競走馬の話題なども紹介します。

今後とも、よろしくお願いします。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ブロとも一覧
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。